いよいよ本日は最終話放送!ということで、メインキャスト6人より
演じているキャラクターや見どころについて教えていただきました!


※大西さん・花守さんは別日での収録でした。

 

Q1. 収録を振り返ってみての感想を一言お願いいたします。

Q2. ご自身が演じたキャラクターについての感想やそのキャラクターに一言お願いいたします!

Q3. これから最終話をご覧になるファンの方へメッセージをお願いいたします!

 

南雲ハジメ役・深町寿成さん

 

A1. 収録が始まるまでの期間、開始を心待ちにしていましたが、いざ収録がはじまると本当にあっという間で、毎週あった収録がこれで終わってしまうと思うと寂しいです!

A2. ハジメは性格や姿が変わる前も後も、一貫して意志の強さや信念の強さを持っている人だと思います。そしてその意志の強さによって様々なことを諦めず積み重ねてきた結果が今の圧倒的な強さに繋がっているというところが、とてもかっこいいと思います。

A3. TVアニメ「ありふれた職業で世界最強」をここまでご視聴いただいている皆様、そして応援してくださっている皆様ありがとうございます。
ハジメとユエの物語、ハジメと仲間たちの物語が最終話として一区切りになるのを見守っていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします!

 

ユエ役・桑原由気さん

 

A1. 本当に毎週楽しい現場だったので、嬉しいとか、ほっとする気持ちよりも「寂しい」が勝ってしまってます。でも何故か、スタートラインに立ったような、不思議な感じもしています…!

A2. やはり長く生きてきた分の(…と言ったらユエは怒るかもしれませんが)、気持ちのあり方や心の強さが魅力的な子でした。自分に素直な、可愛らしいところも大好きです。ユエ、あなたにとっての『大切』が、もっともっと増えますように。

A3. 駆け抜けてきた旅も、ここで一区切りです。大好きな仲間と過ごした日々は、私やユエにとって、一生の宝物です。でもこれはきっと、終わりではなくて始まり。これからもユエ達を、ハラハラドキドキしながら見守って下さい!

 

シア・ハウリア役・高橋未奈美さん

 

A1. 仲間の絆が深い賑やかな収録でした!みんなで冒険したらきっと楽しいと思います笑 また一緒に物語を紡げたら嬉しいです。

A2. シアは最初頼りない子うさぎでしたが、話数を重ねる事に本当に頼もしい存在になっていって、成長著しかったです!!物語を明るく照らすシアが大好きです!

A3. ここまでご覧いただきありがとうございます!!
13話は今まで以上にカッコよくキャラクター達が描かれていますし、また新しい物語が始まる予感が沢山詰まっているのでぜひ一瞬たりとも見逃さないでください!!!

 

ティオ・クラルス役・日笠陽子さん

 

A1. 私は途中からの参加でしたが、現場の雰囲気も明るく温かくてとても良かったので、すんなり入っていけてありがたかったです。
音響監督さんがとても丁寧にキャラや世界観や状況説明をしてくださったので、私だけではなく、ゲストキャラクターの皆さんにも良い環境で演じて頂けていたのでは、と思います。

A2. アグレッシブなキャラクターでした…(笑)
あえてテンションだけで持っていかず、今まで培ってきた技術や緩急、声の高低差等を使ってみようと色々試してみたのでやり甲斐がありました!
叫びすぎて背筋が保たなかったのが悔しかったので、筋トレ増やしました。
ティオさんを演じるのは体力筋力勝負!

A3. ハジメの、ちょっと分かりづらくて、でも人間味が溢れる優しさが見えます。
またこの一座で旅がしたいなと思える最終回です。お楽しみに!

 

白崎香織役・大西沙織さん

 

A1. 濃いキャラクターが沢山出てきて凄く楽しく収録できました!檜山くんは最後まで檜山くんだったなぁ…(笑)。

A2. 最終回で、ずっと支えてくれてた雫ちゃんとお別れしたのは個人的に凄く寂しかったです。でもハジメ達と一緒にいたらツッコミが上達するのではないかと密かにワクワクしてます。

A3. 最後まで観て頂きありがとうございます!アニメは終わりましたが原作は先まで出ていますし、香織のキャラクター性が濃くなっていくのはここからです!引き続きありふれをよろしくお願いします(^^)!

 

八重樫雫役・花守ゆみりさん

 

A1. 最終話まで、学生組は学生組で頑張ってきたのですが、やはりハジメ君が最強でした…!
クールな雫が振り回されるシーンがとても可愛かったです。

A2. 雫ちゃんは香織ちゃんのことが本当に大好きなんだなと感じた作品でした。そんな香織ちゃんに振り回される雫ちゃん、可愛いです。

A3. 可愛いのは勿論なのですが、戦いにおいてもとても腕が立つ雫ちゃんですので、ぜひ最後まで雫の活躍を見守っていただけますと幸いです!